うさぎ小屋

画面&操作説明


画面&操作説明




★画面構成



@ツリーエリア…ルートフォルダ、サブフォルダ、センテンスの階層構造となっています。
         ルートフォルダにはセリフや各部位などの大まかな区分けがされています。
         サブフォルダではさらに細かく男女別など行為などで区分けしています。
         センテンス階層では実際のテキストの1行目が表示されています。

Aプレビューエリア…ツリーから選択したセンテンスの内容をプレビューします。

Bテキスト作成エリア…実際にテキストを作成していくエリアです。
             追加ボタンによってプレビューエリアのテキストをこちらに追加できます。

C追加ボタン…押すと現在プレビューされているセンテンスをテキスト作成エリアに追加します。

D全削除ボタン…押すとテキスト作成エリアの全内容をクリアします。

E最終行削除ボタン…押すとテキスト作成エリアの最終行を1行削除します。

Fコピーボタン…押すとテキスト作成エリアの内容をクリップボードにコピーします。

GガイドON/OFFボタン… 押すことによってそれぞれのエリアやボタンの説明を表示します。
                 (ボタン等の上にマウスポインタが来ると浮かび上がるヘルプです。)
                 もう一度押すことによってガイドをオフにすることが出来ます。


★使用方法

1、本体ファイルをダブルクリックして起動してください。



2、左上のツリーエリア(@)からお好みのセンテンス(※1)をお選びください。



3、左下のプレビューエリア(A)にマウスポインタの下にあるセンテンスの内容がプレビューされます。



4、センテンスをクリックするか下部の「追加」ボタン(C)を押すと現在プレビューされているセンテンスを右のテキストエリアに追加します。



5、これを繰り返しお好みのHシーンを作成してください。



6、完成しましたら「コピー」ボタン(F)を押すとクリップボードにコピーします。



7、作成したテキストはお好みのエディタに貼り付けることによってノベル、ゲーム、HPなどの作成にお役立てください。(※2)

★サンプル★

そっとベッドの中へ潜り込んできたその顔にはとても艶っぽい微笑を浮かべていた。
細い腰からすらりと伸びた長い脚、薄明かりに照らされ白く浮かび上がる生々しい太ももは妙に扇情的な印象を与えた。
ぷにゅぷにゅとした太ももが股の間に滑り込んでくる。
脚と脚を絡めあいお互いの体温を確認するとそのスベスベの肌を擦り合わせてきた。
しゅるしゅると衣擦れの音と共に彼女は胸元をはだけていく。
薄暗い夜の明かりで浮かび上がった真っ白な乳房はぷるぷると震えながら目の前へと露出された。
生まれたままの姿で抱きしめあうとそのおっぱいがむにゅんと俺の胸に押し付けられる。
背中に回した両腕で強く引き寄せると柔らかな乳肉が卑猥に歪んでいく。
白く伸びた首筋に優しくキスをすると目の前で舞う柔らかな黒髪がふわりと心地良い香りを運んだ。
熱い吐息が漏れていた彼女の唇を塞ぐ様に自分の唇を重ねると惚けたようにとろんと瞳を潤ませていた。
熱い口付けを交わす最中、お互いの口内へと舌が侵入していく。
唇を中心に熱が広がり顔中が火照り始める。
生まれたままの姿で抱きしめあうとそのおっぱいがむにゅんと俺の胸に押し付けられる。
背中に回した両腕で強く引き寄せると柔らかな乳肉が卑猥に歪んでいく。
目の前で揺れるふたつの果実に思わず手が伸びる。
上からぶら下がった乳房をむにゅっと両手でつかむと掌中で簡単にその姿を変えてしまう。
むにゅむにゅとこね回すうちに段々と手の触れている部分は火照り乳房全体がピンク色に染まり始めた。
そんな中で存在を主張し始めた乳首が指の側面にコロコロと触れ心地良い感触を与えてくる。
触れるか触れないかの乳首への愛撫から彼女は太ももをモジモジと擦り合わせながらぶるぶると眉を寄せ全身を包むこそばゆい快感に震えていた。
思い切り鷲掴みにするとその柔らかな膨らみは卑猥な形へと姿を変えた。
そのままむにむにと生乳を揉みしだくと指と指の間から乳肉が溢れとてもいやらしく感じる。
鷲掴みにした乳房を激しく揉みしだきながら指と指の間で乳首をつまみ上げる。
そのうちに耐え切れなくなったのか鷲掴む腕を制止するように彼女の腕が伸びてきたが俺はおかまいなしにさらに力いっぱい握り締めていく。
リズミカルにキュッキュッと乳首を絞るとその動きに合わせて全身がびくびくと跳ねる。
連続して襲い掛かる快感の波に彼女の瞳はすでに焦点を失っていた。
「あぅぅっ…!んっ…くぅっ!」
ぷっくりと浮き上がった縦スジを中指でゆっくりと擦りあげていく。
ほんの数回、柔らかな谷間に指をスライドさせただけでクチュ…といやらしい泉が湧く音を立て始めた。
クチュっと言う淫水の溢れる音と共に中指を割れ目に這わせるとぷにぷにの陰唇の襞が柔らかく指を包み込んでくる。
愛液にまみれた指でオマンコの入り口周辺をくにゅくにゅとなぞっていくと膣口の奥からさらにプチュっと汁が溢れてくるのを感じた。






※1…このソフトで言うセンテンスとは1行から数行で構成される短い文章のことです。
※2…作成したテキストは基本的にどのような形態でもご自由に配布されて構いません。
    ご自身の文章に合わせて作成したテキストを改変することも自由です。
    ただし取扱説明書に記す「注意事項」で禁止されているタイプの再配布はお辞めください。

<ダウンロード販売はこちら>
DLsite.com様の販売予告ページへ

販売開始日:2011年01月28日(販売中) 価格(税込み):1050円 (お試し価格中)

※必ず体験版で動作確認をして

DLSite様に会員登録して

再ダウンロードが出来る状態にしておいてください。



画面&操作説明



動画 アダルト動画 ライブチャット